株式会社Real Style 0120-242-007
株式会社Real Style 0120-242-007

中学生のお子さんをお持ちのお父さんコーチへ。Q. 中学生の時期に習得すべき打撃スキルは、どちらだと思いますか…?①「パワー」を向上させるバッティング②「ミート力」を向上させるバッティング

「川村卓のプロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~DVD

から、7年前のことです。

小学2年生のA君とB君の二人が、
地元のおなじ少年野球チームに入団しました。

二人は、身長や体格などの見た目だけでなく、
練習熱心な姿勢も、とてもよく似ていました。

また、二人のお父さんも子どもたちのサポートにとても熱心で、
少しでも時間があれば、親子で一緒に練習をおこなっていました。

その甲斐もあって、二人はぐんぐん上達し、小学校高学年になるころには、
A君は3番、B君は4番と、チームの主軸選手にまで成長したのです。


そんな二人が、中学生になったときのこと。

二人は同じ中学に進学し、期待の新人として野球部に入部したのですが…、

誰が予想できたでしょうか?

彼らは今、中学三年生になりました。

しかし、いったい誰が予想できたでしょうか。

似たもの同士で、実力もほとんど同じだった二人ですが、
中三の今、A君は不動の4番、B君は下位打順の8番になっていたのです。

小学生時代は、ともにチームの主軸選手として活躍していた二人なのに、
なぜ、彼らのあいだに大きな差が付いてしまったのでしょうか?

二人の差を生んだ、決定的な違いは「これ」です。

A君もB君も、ともに練習熱心な選手です。

しかし、部活では同じ練習をしていた二人ですが、
部活外の時間、自主的に取り組んでいた練習は、対照的なものでした。

B君が、飛ばすことを意識した「パワーを向上させる練習」に注力していたのに対し、
A君は、「ミート力を向上させる練習」に多くの時間を割いていたのです。

結論からお伝えすると、
この練習内容の違いが、二人に決定的な差を生みました。

いったい、どういうことなのか?

実は、A君がカラダの成長にあったベストな練習をしていたのに対し、
B君は、成長段階にある中学生の時期にはふさわしくない練習をしていたのです。

あるスポーツ科学の専門家は、
中学生の時期には、以下のようなカラダの特徴があると言います。

※中学生の時期におけるカラダの特徴とは…?

中学生の時期は、成長ホルモンが出やすいため、
平均で一年間に7センチ、伸びる子であれば10センチ以上も大きくなります。

つまり、中学生の時期の成長ホルモンは、
「身長を伸ばすため」に使われるのです。

そして、高校生になって成長が止まると、
成長ホルモンは、「筋肉を大きくするため」に使われはじめます。

ですから、中学の時期はパワーを求めるのではなく、
「ミート力を向上させること」を目的とした打撃練習をするのが有効といえます。

そして高校生になったあと、中学の時期に習得したミート率の高いスイングに
「さらにパワーを上乗せする」という順番で練習するのがベスト。

年代ごとのカラダの特徴を知り、それに合わせた練習をするかどうかで、
将来の結果は大きく変わってくるのです。

上記の研究データのとおり、中学生の時期は、
「ミート力を向上させる練習」に取り組むことが上達の近道です。

A君は、部活外の時間も、お父さんと一緒にミート力向上の練習に取り組んだ結果、
不動の4番として活躍できるようになったのですが…、

中学生がマスターすべき、「ミート力」とは…?

具体的にどういったものなのでしょうか?

たとえば、小学生の時期。

少年野球では、ボールはストレートしかありませんので、
大振りのスイングでも、タイミングさえあえばヒットが打てます。

つまり、バットを水平に振ることができれば十分なのです。


しかし、中学生になると、「変化球」が使われはじめます。

すると、タイミングは「あわなくて当然」になってきますので、スイング時に
バランスを崩したとしても、修正しヒットを打てる技術が求められるのです。

つまり、「変化球に柔軟に対応できるバッティング」こそが、
中学生がマスターすべきミート力と言えるのですが…、

変化球に負けない、バッティングとは…?

結論からお伝えしましょう。

カーブ、スライダー、チェンジアップ、シュート…。

お子さんにどんな変化にも対応できるバッティングを習得させたいと思うなら、
あなたが、お子さんへ教えてあげるべきバッティング技術は、ただ一つ。

それは、スイング時にグリップからバットが出たあと、
遅れてヘッドが出てくる「インサイドアウト」のスイングです。

なぜなら、インサイドアウトスイングは、グリップが先行し、
バットヘッドが常にキャッチャー側に残った状態をキープできるので、

  • 内角低め、外角低めなどの難しいコースに対応できる
  • 他のどんなコースにもあわせやすい
  • カラダの内側から外側へ、最短距離でバットを振れる
  • カラダのバランスを崩しても、すぐに修正しヒットにできる

など、変化球に対応しやすい特徴があるから。

つまり、中学生になったお子さんを試合で活躍させたいと思うなら、
インサイドアウトのバッティングを習得させることが、何よりも重要なのです。


しかし、成長段階にある中学生の時期は、
選手一人ひとりの成長度合いに差があるため、画一的な指導ができません。

カラダに合っていない練習をくり返しおこなえば、
お子さんに取り返しのつかないケガや故障をさせてしまう可能性もあります。

では、そんな中、どうやってバッティングを上達させればいいのか?

答えはズバリ、成長の度合いに関係なく上達させられる練習をすること。

言い換えるなら、カラダの大きさや体力に関係なくできる、
インサイドアウト習得に「必須となる練習」をすることが重要なのです。

インサイドアウトのスイングを作る「3ステップ」

あなたもよくご存じのとおり、
バッティングにおいて、下半身の使い方はとても重要になります。

しかし実は、成長の差が生まれる中学生の年代では、
下半身からスイングを作り上げていくことは、とても難しいのです。

なので、成長の度合いに関係なくインサイドアウトを習得させるには、
「上半身→下半身」の順番で練習することが大切になります。


では、具体的にどんな練習をすればいいのか?

以下の3ステップで練習することで、
体格差に関係なく、インサイドアウトを習得できるようになります。

(1)ヒットの確率を上げる
「リストワーク」

まず、最初に練習すべきこと。

それは、上半身のなかでも、
特にバットに影響を与える部分である「手首」です。

たとえば、上から下へ手首を動かしてスイングすると、
バットは、ボールを叩くような軌道になり、斜めに擦ってしまいます。

また、手首が上手く返せないと、下から上へあげる軌道になり、
ボールの上っ面を叩いてしまうバッティングになります。

このようなリストワークでは、上手く変化球に対応できません。

変化球に対応し、ヒットの確率を上げるには、
「バットを水平に走らせるリストワーク」が重要になります。

水平に振れるリストワークが、インサイドアウトの基本です
“水平に振れるリストワークが、インサイドアウトの基本です”

変化球に柔軟に対応できるバッティングは、
まずは、このリストワークから練習することが大切になります。

(2)ヘッドスピードを加速する
「アームワーク」

2ステップ目は、「アームワーク」、つまり、腕の動きです。

ここでは、特に「肘の使い方」が重要になります。

スイング時に右の肘をしっかりとカラダのなかに入れることが
インサイドアウトを習得する絶対条件なのです。

なぜなら、肘を入れることで、グリップが先行し、
バットヘッドがキャッチャー側に残るスイング軌道を作ることができるから。

これは、いわゆる「肘のたたみ」という動作です。

「肘をたたむ動作」が、インサイドアウトの大事なポイントです
“「肘をたたむ動作」が、インサイドアウトの大事なポイントです”

しかし、慣れないうちは、肘をたたみ込んだときに、
どうしてもバットが倒れ、スイングが波打ってしまいます。

これを防ぐためには、左手のグリップを意識しながら、
アームワークの練習に取り組むのが最も効果的です。

(3)コンパクトに振れる
「下半身の回転」

小学生時代は、下半身の筋肉量が多くありません。

ですから、カラダの小さい子どもは、
骨盤全体を大きくまわす方が、良いスイングができます。

しかし、この打ち方は体が開きやすくなるため、変化球がくるとバットが届きにくく
なるうえ、軸が弱いので、緩急に対応するのが難しくなるという問題点があります。

では、変化球に対応するには、下半身をどう使えばいいのか?

ポイントは、足の付根にある「内転筋」を使った回転にあります。

内転筋が締まることで回転が生まれます
“内転筋が締まることで回転が生まれます”

内転筋を使った回転動作ができると、コンパクトに回れるので、
長い時間ボールを待ち、いっきにカラダを回せるようになります。

その結果、色々なボールに対応できるだけでなく、
大きな力をバットに伝えられるようになるのです。


ここまで、インサイドアウトのスイングを習得する、
3ステップをご説明しましたが、もう一度まとめると、

(1)水平にバットを走らせる「リストワーク」
(2)ヘッドスピードを加速する「アームワーク」
(3)コンパクトに振れる「下半身の回転」

これらの順番で、上半身から作り上げることで、変化球に対応できるだけでなく、
バランスを崩された状態からでもヒットを打てるスイングが習得できるのです。


もし、ここであなたが、

「具体的にどうやって練習すればいいのか?」
「どんな点に注意しながら指導すればいいのか?」

こう思われたのなら、ここからの話は大切になります。

中学生のためのバッティング指導マニュアルを公開します!

今回、変化球に対応できる柔軟なバッティングが習得できる、
練習ドリル&トレーニングを収録したDVDをあなたにお渡しいたします。

DVDには、

  • 最も重要だけど、最も指導が難しいとされる中学生の時期だからこそ
    教えておくべきバッティング理論
  • ミート率を高める、リストワーク&アームワークの秘訣
  • 変化球にもサクッと対応できるインサイドアウトのスイングの作り方
  • さらにスイングを磨き上げる練習ドリル
  • 成長段階でもできる、中学生専用自重トレーニング

など、中学生のお子さんが、
「今すぐ練習すべき内容」が、ぎっしりと収録されています。

あなたも、お子さんにこのバッティングの秘訣を教えてあげることで、

  • 成長段階の中学生にあった、正しい指導ができる
  • 変化球でもバランスを崩されずにヒットが打てる
  • 高校生になっても伸び続ける土台を作ってあげられる
  • この先、高校、大学と、長く活躍できる選手になる
  • 練習を楽しみながら、上手くなるのを実感できる
  • 試合で、クリーンヒットを量産できる
  • レギュラーの座を不動のものにできる
  • ケガや故障の心配なく、安全に上達できる
  • お子さんが試合で活躍する姿を、もっとたくさん見られる

など、たくさんのメリットを手にすることができます。


今回、お子さんの打撃力を向上させる方法を教えてくれるのは、
スポーツ科学の専門家である、筑波大学体育系准教授の川村監督です。

筑波大学体育系准教授 / 川村卓プロフィール

川村卓

硬式野球部監督。学生時代からスポーツ科学を学び、動作解析、一流選手の特徴など、科学的なアプローチにより分析する。また、そのノウハウを指導の現場で活かし、小学生の野球教室や大学生への指導をおこなう。科学的根拠に基づいた指導法は、多くのメディアで取り上げられ注目を集めている。

【メディア出演】
  • 「マサに一流の秘密」
    クローズアップ、中日新聞 (2014年11月29日紙面)
  • 「打撃解説監修・球辞苑『流し打ち』」
    (NHK-BS1、2014年11月14日放送)
  • 「打撃解析・球速240キロ!怪物バッティングマシンvs全身筋肉76才」
    (NHK総合 2014年11月8日放送)
  • 前田健太に「理想のフォーム」を見た
    週間現代(2014年10月18日号)、講談社
  • 2年目の覚醒・大谷翔平.週間フライデー (2014年7月25日号)、講談社
  • 「田中投手フォーム分析 日本一への3419球 楽天 田中将大」
    (NHKBS1・アスリートの魂 2013年11月9日放送)
  • 「田中投手フォーム分析・東北楽天被災地に誓った初優勝」
    (NHK総合・NHKスペシャル 2013年10月2日放送)
  • 「連勝を続ける怪物ピッチャー:楽天・田中将大の投球フォームを解剖!」
    人体科学ミステリー アノ有名人のカラダを最新科学で大解剖SP」
    TBS 2013年9月24日放送
など多数
【表彰】
  • 学生野球協会表彰選手 (1989年)
  • 日本体育学会 学会賞 (2011年)
【著書】
  • バッティングの科学
  • ピッチングの科学
  • キャッチャーの科学
  • エースナンバーをつける科学的練習法
など多数
【DVD】
  • プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべき練習
    ~動作解析のスペシャリストが教える「22のバッティングドリル」~
プロ野球選手になるために小学生のうちにやっておくべき練習

では、今回のDVDには、具体的にどんな内容が収録されているのか?

収録内容の一部をご紹介すると…

【Disc1、2】収録時間:31分(Disc1)、35分(Disc2)
中学生時代のバッティングの基礎

  • なぜ、中学生の時期のバッティング指導が、一番難しいのか?
  • どうすれば、ケガや故障を未然に防げるのか?
  • 小学生時代と中学生では、バッティングは、どう変わるか?
  • 中学生の時期のバッティングで、一番大切なこと
  • 変化球に対応できるバッティングを身につけるには?
  • 選手の体格にあわせたバッティング指導法とは?
  • バットを水平に走らせるための「リストワーク」とは?
  • バッティングの練習で、最初に注意すべきポイントとは?
  • 「バットの軌道」を作るために最初にやるべき練習ドリル
  • スイングスピードを加速させる方法
  • なぜ、片手でスイングすると「身体の開き」を抑えられるのか?
  • 力が付きはじめた中学生がやるべきスイング練習法とは?
  • バットの軌道を正しく入れられるようになる練習ドリル
  • 成長期にある中学生の身体を考慮した、下半身の回転の仕方
  • 森友哉のように、地面から大きなパワーをもらってボールを飛ばす方法
  • プロ野球のキャンプでもやっている、体重移動を習得するトレーニングとは?
  • 変化球にバランスを崩されない、強い軸を作る方法
  • インサイドアウトの完成形を作り上げる練習ドリル
  • 理想的なトップの位置がわかるようになる練習ドリル
DVDイメージ

【Disc3】収録時間:43分
中学生時代のトレーニング

  • 成長段階の中学生が、バッティングの向上のために
    やるべきトレーニング
  • 中学生のトレーニングにおける「最大の目的」とは?
  • なぜ、マスコットバットを使ったバッティング練習はNGなのか?
  • 身体の軸がまっすぐに通っているかをチェックする「5つのポイント」
  • スムーズな身体の回転をバッティングに活かすトレーニング
  • 深いバックスイングを作りだす、肩甲骨の動かし方とは?
  • 胸郭の動きを作るトレーニング
  • バットをしっかりと握り込む「前腕の筋力」を鍛える方法
  • 「回旋動作の力強さ」を生みだす、体幹のトレーニング
  • 下半身の内転筋を鍛え、力強い腰の回転を作りだす方法
  • バッティング力を総合的に高める効率的なトレーニングとは?
  • 下半身で生まれたパワーをバットに伝達できるようにする方法
  • ヘッドの走りが向上し、速いスイングが身につくトレーニング
  • 下半身と上半身を連動させ、パワーを生みだす方法
  • 中学生に必要な「筋力を活かす土台」を作るトレーニング
DVDイメージ

体験したお子さんと保護者の声

感想1

感想1
K.T様

K.T様 指導歴1年

子どもが小学校三年生なんですが、早速取り入れられる内容も多くて参考になりました。特に、ドアノックスイングや腰を先行させる動きは小さいうちに体で覚えさせたいです。また、練習法も腰のひねりの運動、4歩スイング、逆方向からのトス(流し打ち) など目からウロコが落ちるようでした。一番印象に残ったのは、こうした細かい練習方法って、自分では作れないなあということでした。DVDでの発見がたくさんありました。これから野球を始める子どもや小・中学校での指導に関わっておられる方は一度ご覧になるとご自身の指導方法の確認や、場合によっては、新たな発見があるのではないでしょうか。

T.M様

T.M様 指導歴5年

人から言われたことをやるだけでなくて、自分がどのように感じているかが大切になる。中学生の時期は体の成長だけでなく心の成長にも大事な時期である事が再認識できた。技術面では、「グリップはなるべく動かないようにすることで、自然とヘッドが出てくる」については確かに!と思いました。また、グリップを目いっぱい握ってのスイングはヘッドが走りにくい場合が多い。これでは擦った打球になる場合が多くなる。手を柔らかく使うことでヘッドが走りスイングスピードが速くなる。結果的に体の近くまでボールを呼び込むことができる。また、ノックバットを使ってのスイング練習は目からウロコでした。すでに息子等に指導を行う上で参考にさせていただいています。また、「ドリルの効果が表れるようになるには1カ月ぐらい必要だが、1カ月しても効果が見られない場合は元に戻すことも選択肢としてありうる。」この内容については、指導者の理解が必要不可欠であること。指導者に向けてもっと発信すべき内容かと感じました。今回の内容は参考にもなったし、私がこれまで行ってきた指導の中で常々口にしてきたこともたくさんあったので、間違いではなかったのかなと再認識できた。また、3本の映像を拝見させていただきましたが、それぞれの内容に興味のある内容がたくさんありバッティングで伸び悩んでいる子や、その指導者たちに見ていただきたいし、たくさんの情報を見たり聞いたり本を読んだりして取り入れ、その中から取捨選択し、自分に合ったものを発展させて成長していってほしいと思いました。

T.N様

T.N様 指導歴6年

◆参考(勉強)になったこと
(1)バットが出てこない選手には8の字スイングでやわらかく、ヘッドの重みを感じながら動かすことが有効
(2)中学生は背を伸ばす方にエネルギーを使い、筋肉を作ることは簡単ではないこと
(3)長竿で正しいインサイドアウトを習得することができる。肘を引いてグリップばかり前に出てヘッドが出てこない選手が多くみられるが、この方法で矯正できる
◆一番印象に残ったこと
中学生は背を伸ばす方にエネルギーを消費し、筋肉をつけることは苦手であること。それでも、体のバランス維持、姿勢維持にトレーニングは必要だということ。
◆気付き
マスコットバットなど重たいバットで素振りすることが重要だと思っていた。軽いバットでの素振りは野球を始めた小学校低学年向けのメニューだと思っていた。
◆誰にすすめたいか
野球の経験がない、もしくは浅く、学童野球から中学野球にすすんだ子供を持つ親へ → 変な癖がついていても、このDVDで(早いうちに、体に染み込まないうちに)矯正できる。

平尾正昭様

平尾正昭様 指導歴13年

1.オズグッドやクラムジー等の用語が覚えられた事によって今までより指導がしやすくなった。
2.肩甲骨の使い方、手首の力の入れ方、ひねり(捩り)の重要性が再確認出来た。
3.マスコットバットを使う事に対する指導の方法
マスコットバットは使わなくてよい。
4.今までヘッドスピードを上げることに重点を置いた指導しかしてこなかった。ヒットは打てるようになるが、飛距離が出なかった。地面からもらう力を上手に使う事で飛距離のアップも図れる事が理解できた。

藏重直樹様

藏重直樹様 指導歴30年

◆各々のトレーニングの方法や目的についてのご説明やご指導が、従来の精神的理論でなく、科学的理論に基づいたものであり、経験者でない父兄が聞いても容易に納得が出来、選手も非常に納得し易いものだと思います。
◆選手がやる気を引き出す、向上させる指導、声掛けが素晴しい。
◆成長期の中学生に対し、故障が最大の注意事項である事を再認識できました。
◆自分が得た感覚を自分の言葉で伝えられるコミュニケーション作り、つまりは「意識と現実の差を実感でき、そしてそれを自分の言葉に出来る選手」は将来も不調を自分の力で乗り越えられる選手になるはずです。また、野球選手としてのみならず、立派な社会人となる事でしょう。普段の指導から、その様な選手、人間を野球を通じて育てて行こうとしていらっしゃる川島先生の指導哲学に強く共感しました。
◆野球をやりたい、続けたい子供達に対して、日常のコミュニケーション(指導)を通じて、選手の体力、技術の向上のみならず、人間性の向上にも役立つ指導をして行きたいと思っていますが、この川島先生のDVDを拝見してあらためて、認識する事ができました。

近藤利晃様

近藤利晃様 指導歴19年

長く、中学野球、中学ソフトボールで指導してきました。最近は、900gの木製バットで練習させることが多いです。また、筑波大学の功刀先生、川村先生の本などを参考に指導法も学習していました。その私から見て、新たに取り入れたいものは、バランスディスクを用いたコアトレ、トップハンドからボトムハンドへの受け渡しスウィング、長竿ティー、シーソーによる練習方など、説明するだけでなく、それをすることで、いつの間 にか選手がその動きを体得してしまうような効果的な練習法が満載されています。さらに、今勝つことだけにとらわれてしまいがちな我々中学指導者にとって、成長段階にある中学生に対する故障防止の観点が明記されており、上で伸びる選手育成にもうってつけの教材だと思います。ぜひ、購入され、今日からの指導に生かしてほしい教材だと思います。できれば、ピッチング指導編も作って頂きたいと願うばかりです。

Y.T様

Y.T様 指導歴9年

・参考になったこと
1.子供の成長に合わせたトレーニングをしなければ
ならないこと
2.マスコットバットによる素振りが体ができていない
子供にはよくないということ
3.長竿の素振り
4.上体のねじれを大きくするストレッチ
5.体幹を鍛えるトレーニングは良いということ
6.引手はドアノブを回すように捻るということ
・一番印象に残ったこと
繰り返しになりますが子供の成長に合わせたトレーニングをしなければならないこと
・気づき
押し手側の脇を絞り込んでいくと右肩が下がってしまうと常々思っていました。引手側でバットを持って肘が上がらなければ肩が水平に回るということになるほどと思いました。
・お勧めしたい方
これから中学生になる子供たち
身体が中学生並みに成長している小学生
故障を抱えている中学生
彼らを指導する監督・コーチ
彼らの親御さん

中学生指導のポイントが、すべてまとめられています。

大人の身体に近づく中学生の指導は、本当に難しいもの。

やり方を間違えると、お子さんに深刻なケガをさせてしまう可能性もあります。


ですが今回、あなたが手に入れるバッティング練習法は、
スポーツ科学により、安全性と確実な上達が証明されている方法です。

この先、ケガや故障に悩まされることなく、
お子さんを上達させ続けたいと思うなら、必ず知っておくべき知識といえます。

大事なことなのでくり返しますが、
あなたも、お子さんと一緒に練習ドリルに取り組むことで、

  • 成長段階の中学生にあった、正しい指導ができる
  • 変化球でもバランスを崩されずにヒットが打てる
  • 高校生になっても伸び続ける土台を作ってあげられる
  • この先、高校、大学と、長く活躍できる選手になる
  • 練習を楽しみながら、上手くなるのを実感できる
  • 試合で、クリーンヒットを量産できる
  • レギュラーの座を不動のものにできる
  • ケガや故障の心配なく、安全に上達できる
  • お子さんが試合で活躍する姿を、もっとたくさん見られる

など、たくさんのメリットを手にすることができるのです。

そして今回、真剣にお子さんの打撃力向上を願うあなたのために、
「特別な保証」をご用意しました。

「返金保証」をお付けいたします

90日間完全満足保証

「興味はあるけれど、本当に上手くなれるの?」
「おなじように取り組めるかわからないし、不安だな…」

もし、こう思われたとしても、ご安心ください。

今回のDVDには、「返金保証」をお付けいたします。

DVDの内容にご満足いただけない場合には、商品到着後、90日以内にご連絡ください。

何度ご覧いただいたあとでも理由を問わず、
手数料735円を差し引いた金額をご返金させていただきます。

ですので、90日間、じっくりとDVDをご覧いただき、
あなたの買い物が正しかったかどうかをご判断ください。

これは、教材のクオリティに本当に自信があるからできるお約束です。


「あとで申し込もう」と思うと、忘れてしまうかもしれません。

今すぐ、下のボタンをクリックして、お得なこの機会にお申し込みください。

川村卓のプロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~

川村卓のプロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~DVD
【DVD3枚組】

価格12,990円(税・送料込)


今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

「川村卓のプロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~DVD

ご利用可能クレジットカード

発送に関して

FAXでお申し込みの方はコチラ

※このお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティシステムを
利用しており、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

4つの安心お届け

Q&A(誰でも取り組める内容ですか?)

Q、カラダの小さい子どもや、筋力の弱い子どもでも大丈夫でしょうか…?
もちろん大丈夫です。今回ご紹介する練習に取り組む上で、カラダの大きさや力の強さは関係ありません。安全で、効率的な練習をおこなうことは、上達のスピードアップに直結しますので、小さいうちからおこなうことで、ライバルよりも早く上達できるでしょう。
Q、大人が取り組んで効果のある内容ですか…?
もちろんです。今回のノウハウは、子どもだけではなく、草野球を楽しむ大人であっても充分にその効果を実感できるものです。
Q、教えられたことは、すぐに取り組むことができますか…?
もちろん大丈夫です。このDVDに収録されているメニューを実践するのに、たくさんの時間は必要ありません。必要なのは「今すぐやろう!」という、あなたの気持ちだけです。
Q、返金保証というけど、本当に大丈夫なのですか…?
ご安心下さい。このDVDに収録されているノウハウに取り組んだにもかかわらず、全く結果が出なかった場合、ご購入日より90日以内であれば、何度ご覧頂いた後でも理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額を返金させて頂きます。
Q、インターネットでの申し込みが不安なのですが…
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して不安をお持ちなら、どうぞご安心ください。お客様のウェブブラウザとサーバ間の通信は SSL暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。お申込みの際、個人情報の漏洩は一切ありません。

もし、それでも「やっぱり心配だ…」と思われたのなら、
ファックスでのご注文(代金引換)をご利用ください。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

「川村卓のプロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~DVD

ご利用可能クレジットカード

発送に関して

FAXでお申し込みの方はコチラ

※このお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティシステムを
利用しており、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

追伸1

このDVDは、90日間返金保証付です。

もし、今回のDVDにご満足いただけない場合は、ご返金いたします。

ですので、「90日間試したが、効果が一切感じられなかった!」という場合には、
料金をいただくつもりはありません。

ぜひ、90日間じっくりとお試しください。

追伸2

決断を迷うのでしたら、急いでお申し込みください。

商品の数には、限りがございます。

もし、内容にご満足頂けない場合はご返金いたしますので、
まず、お手に取っていただき、90日間じっくりとお試しください。

それが、あなたにとって最もリスクがない選択です。

もちろん、FAXでもお申込みいただけます。

今なら90日間の完全満足保証!
内容にご満足頂けなければ、ご返金致します。

「川村卓のプロ野球選手になるために中学生のうちにやっておくべき練習~動作分析のスペシャリストが教える「24のバッティングドリル」~DVD

ご利用可能クレジットカード

発送に関して

FAXでお申し込みの方はコチラ

※このお申込みフォームは、世界でもトップレベルである「ベリサイン」社のセキュリティシステムを
利用しており、個人情報保護・セキュリティ強化のためSSL暗号化通信を採用しています。
お申込みの際に個人情報の漏洩は一切ありません。

ご注文は、今すぐこちら!

お申込みはこちらをクリック