発表!桜井ノート

From: 桜井 一

Japan

悩でいることは、そういうことじゃない!

高校時代に悩んだ私が手にとった野球本をめくるたびにこみ上げてきた思いです。

野球に関わる人の多くは大小いろんな問題に直面すると思います。

私もまたその中の一人です。

はじめまして。

お父さんのための野球教室の桜井一と申します。

私は問題に直面するたび、その解決や手がかりを得るために本や資料を読み漁りました。

しかし残念ながら私の問題を解決してくれるものに出会うことは、ほとんどありませんでした。

なぜかというと、野球本の多くは、「基本は解説します。でも問題があったら自分で解決してね」という感じのものがほとんどであったからです。

だから「まずは振りかぶって、次は足をあげて、最後は腕を振る」というような解説で終わってしまう。

知りたいのはそんなことじゃないのに・・・。

腕が振れなくて困っている時、知りたいことは"腕を振ること"じゃないですよね。

どうして腕が振れないのか?という原因。
  

どうしたら腕が振れるようになるのか?という改善方法。
  

どうすればその事態で打者を打ち取ることができるか?という投球術。

というように私たちが知りたいことは、一般的に解説してくれることのもう少し先にあることが多いんです。

また、問題や悩みを解決するのは決して技術的なことばかりではありません。

監督やチームメイトからの励ましであったり、家族からの言葉であったり、そういうことに勇気付けられ乗り越えていけることもたくさんあります。

私たちは機械ではなく、喜怒哀楽のある人間なんですから。

プロフィール

p.jpg(216127 byte)

k01.jpg(149817 byte)

k02.jpg(133246 byte)

k03.jpg(121417 byte)

情報が氾濫している現在なのに…

スマホの登場、YoutubeやSNSなどで情報を容易に手にすることができる時代になりました。

ですが、周りを見渡すと、ほとんどの方がまだ同じような指導をされています。

「腕を振れ」
「腕が振れてない。だから球が来ていない」

というような表現で、単に【腕を振れ】とだけ子供にいいます。

子供達は精一杯投げているつもりなのに、単に腕を振れでは分からないと思います。

きっと指導者も、本質を理解できていないのでしょう。

修正すべき箇所だけを指導する方が多い…。

選手からしてみれば、修正すべき点が理解できても、どのように修正すべきかがわからない…。

指導者として一番の悪は「知ったかぶり」指導をすることです。

それは「指導」ではなく「死導」となるのです。

何気ない一言・自分の地位維持のための指導は、その選手生命を左右するということを理解されていないことが本当に多いのです。

もちろん不振やケガの原因が、指導の方法によるものだけではありません。

しかし選手にとっての指導者は、指導者自身が思っているよりも、もっと大きな存在であるのです。

試合で起用されるために、間違った指導でも選手は、甘んじて受けていることもあります。

そしてそれが、選手の技術の低下・不振・ケガを生む一つの要素になるということを、もっと指導する側の人間は認識し取り組むべきだと思うのです。

この悪循環を改善したいと考え、メールマガジンを配信し続けてきました。

確かに、感覚でしかわからない部分を伝えるのは難しいです。

しかし、難しいとはいってられません。

選手たちの将来にかかわることですから。

私の父親は、野球経験がまったくなかったのですが、本やプロ野球の解説を聞いて一所懸命に勉強して野球を教えてくれました。

私自身、野球を続けていく中で、いろいろとフォームも変わりましたが、その基本になるものは父親が教えてくれたものでした。

やはり、野球をしていく上で、一番影響を受けたのは父親です。

また、メンタル面では母親の存在がなければ、社会人まで野球を続けることができなかったでしょう。

両親の支えなしでは、野球の上達はなかったといっても過言ではありません。

現役を退いた今だからこそ、心の底からそう思えるのです。

「親として子供の成長を望むなら、周りの大人たちも指導方法などを勉強するべき」だと私は思うのです。

子供たちは上達していく上で、必ず親の影響を受けるのですから。

お父さんのための野球教室では、ただ単に技術の紹介を目的とした情報配信をしていません。

今まで届かなかった部分にどんどん踏み込み、問題や悩みの解決を目的とした情報の発信をします。

そこで今回、お父さんのための野球教室10周年記念として、過去に配信したメルマガのバックナンバーをまとめた電子書籍(PDF)を無料でプレゼントいたします。

なぜ無料プレゼントするのか?

理由はシンプルです。

無料で配布することで、多くの人にお父さんのための野球教室で配信している情報の価値・魅力を知ってもらいたい。

そして、少年野球が変わる一助になればという想いがあるからです。

実は、過去に3,980円で販売していた書籍と同じ内容です。

ですので、無料だからと言って決して手を抜いた内容ではないことをお約束します。

当時は、お届けしているメールマガジンを保存していただき、印刷しておられる方が多く、一部の読者の方からは、グラウンドに持参したいので、メールマガジンの内容を冊子にして欲しいという要望を頂き書籍化して販売していました。

ですが、時代の変化もあり、電子書籍(PDF)ならコストを抑えることができるので、無料プレゼントが可能となりました。

桜井ノート
~野球を上達させる30のメッセージ~

お父さんのための野球教室『桜井ノート 野球を上達させる30のメッセージ』の内容の一部をお伝えしますと…

» No.1   よく使われる間違った投手への指導とは?
指導者は、ピッチャーに対して「腕を振れ」「腕が振れてない。だから球が来ていない」というような表現で、単に【腕を振れ】とだけ子供にいいます。子供達は精一杯投げているつもりなのに単に腕を振れでは分からないと思います。小学生でも理解できるように「腕の振り」についての本質を解説。
» No.2   ライバルに差をつける【秘密の練習方法】
練習時間でライバルに差をつけるには、それ相当の内容と量をこなさなければいけません。限られた時間の中では、なかなか差をつけることは難しいですよね。ですが工夫次第でそれが可能です。ライバルに差をつける秘密の練習方法とは?
» No.3   体格よりも重要なエースになるための重要な要素とは?
私は、投球における球速、コントロール、キレは身長だけがすべてだとは考えていません。まずは、体の力の全ての限界線を少しずつ上げていくこと、そしてその力をいかに投球に活かし、ボールに伝えるかということを追求し研究、練習することでその条件的不利は補えると考えています。鍛えた体をいかに野球に活かすかを詳しく解説。
» No.4   急増中!サイドスロー投手のためのフォームの安定化大作戦
サイドスローの腕の使い方がよくわからなく、いつもテイクバックやリリースの位置が安定しないという人が多いです。 アンダースローの腕の使い方とフォームの安定をするための練習法とは?
» No.5   横浜ベイスターズ元監督牛島さんとの出会い
私が社会人野球時代に、臨時で投手コーチをして頂いた、牛島さん。牛島さんとの出会いで学んだ「あること」を公開。
» No.6   プロ野球の練習を見ることのすすめとは…
職場で少年野球の監督をされている方と、野球の話で盛り上がりました。その会話の中で『今度チームの子供たちを連れてプロ野球を見に行こうと思うんだけど、どうかなあ何か感じてくれるかなぁ?どぉ思う?』という質問を受けました。私は『ぜひ、つれて行ってあげて下さい』と答えました。付け加えて・・・。
» No.7   プロの練習を見る時のポイントとは?
プロの練習を見る時のポイントは、何に重点(テーマ)を置いてその練習に取り組んでいるか見極めることが大切です。そしてそのポイントを息子さんに説明をしてあげてください。プロの練習を見る時の大切なポイントとは?
» No.8   最近は野球の技術の他に…
「こどもが野球を長く続けるには、こどもと普段どのように関わってあげればよいでしょうか?休みも少なく平日は帰宅が遅いので、なかなかキャッチボールなどをしてやることができません。」 というような内容のご質問を度々いただきます。親としての経験は、私よりもみなさんの方が多いと思います。そんな諸先輩方にアドバイスをするというのは、少し恐れ多いのですが、私のこどもの頃を思い出しながら回答をさせていただきます。
» No.9   的確な指示をされていますか?
的確な指示が無い仕事とコミュニケーションが不足の仕事は、ほんとに困ったもんです。桜井も普段は普通のサラリーマン。何気ない日常生活から学んだコミュニケーションの大切さとは?
» No.10   イメージをうまく伝えていますか?
物事をうまく子供に表現し伝えるために桜井が毎日続けている事。子供たちに分りやすく物事を教える練習を毎日しています。誰でも今すぐ実践できるその練習方法とは?
» No.11   自分にあった投球練習パターンを確立させる方法
投げ込みはその日の肩の状態などにもよると思うんですけど、週何回のペースがいいんでしょうか?という質問をいただきました。個人差がある投球練習の頻度やパターンは、一概には週に何回というのは決定出来ませんが、それを見つける方法をご紹介。自分にあった投球練習パターンを確立させる方法とは?
» No.12   ブルペンは試合と同じ調整を
試合でいい投球をするためには、万全の準備をしなければなりません。練習で調子を維持し、試合で100%の力を出すための投球練習プログラムとは?
» No.13   肩甲骨の動きって?
肩甲骨の動きはとても重要で、これがスムーズに動かなければ下半身で作った力もボールに伝わりにくくなります。また、ボールのスピードやコントロールだけでなく肩や肘の怪我にも影響します。肩甲骨をスムーズに動かすための体操とは?
» No.14   ボールの回転って…
投球したとき、必ずボールがカーブ回転してしまう子供がいます。その原因は、フォームを後の動作からたどっていくと・・・明確になります。カーブ回転の原因とは?
» No.15   空振りをとる方法をご存知ですか?
空振りをとる方法やパターンを確立されていますか?空振りをとる方法やパターンを確立しておくことは、投球を優位に展開していくことは言うまでもありません。いいバッターになればなるほど、ストレートで空振りをとることはむずかしくなってきます。そんなときピッチャーが空振りをとるには色々と考え工夫が必要です。空振りをとるためのある秘策とは?
» No.16   トレーニングについてどうお考えですか?
いざピッチングをしてみるとあれだけトレーニングをこなしたのに、球速はアップしないしコントロールもいまいち。これじゃあいけないなと思って、またトレーニングメニューを色々と考えてみる。だけどまた同じ結果。そんな日々を過ごしている方は多いのではないでしょうか。その解決方法とは?
» No.17   トレーニングについてどうお考えですか?その2
大学三回生の冬、「このシーズンオフはコントロールをつけるためにフォームを安定させる」ということだけ目標をたてのぞみました。そして、そのシーズンに練習やトレーニングの進め方に対する意識が変わりました。なぜ意識が変わったか?その理由をお教えいたします。
» No.18   子供を上達させる魔法の言葉をご存知ですか?
私がお伝えする内容は、今たくさん世間にでている動作の解析や数学的な理論書のようなものではありません。理論だけでは子供は上達しません。子供を教えるために必要な「あること」とは?
» No.19   ナチュラルにシュート回転する原因って…
故意に変化球として投げるシュートではなく、ナチュラルにシュートしてしまうボールについてです。シュート回転自体は悪いことだと考えていません。 シュート回転をさせてしまうフォームの中に問題がある場合があります。シュート回転をさせるフォーム修正法とは?
» No.20   疲労がたまっているサインって…
疲労が原因で起こったある事件をご紹介。このような場面にあなたも遭遇したことはありませんか?腕に疲労がたまってきているときのサインと対処方法とは?
» No.21   クイックモーションについてです
クイックモーションは、動作全てを早く動かそうとしてはいけません。フォームのある一部をショートカットするだけです。クイックモーションでショートカットするある部分とは?
» No.22   夏バテ対策って…
蒸し暑い日が続いたとき、「あの時バテてしまわなければもっといい結果になったのに・・・」という方も多いのではないでしょうか?暑さへの対策も野球選手にとってとても重要なことです。本日は、試合中のバテを抑えるための私の工夫とは?
» No.23   全国の高校野球の部員数って…
高野連加盟の硬式野球部員数が3年連続で過去最多を記録したとのこと(軟式は減少傾向ではあるが)。逆に加盟校は2年連続で減少だそうです。ということは、1校あたりの部員数が増えチーム内での競争が激しくなるので、レギュラーになるにが大変な時代なのかもしれません。これまで以上に、人一倍の練習はもちろんですが、それに加えて工夫が必要になってきます。そのためには・・・。
» No.24   斬新な練習方法をお教えします
斬新な練習方法やトレーニング方法にはものすごく気持ちがひかれます。「これをやることで、飛躍的に技術が上達するのではないだろうか。」そう考えたりします。実は私もその一人でした。当然、現状に満足するのではなく新しい練習方法やトレーニング方法を研究し自分を高めていかなければなりません。ですがそれと同じくらい大切なこととは・・・。
» No.25   高校野球地方大会での出来事です
地方大会で、全てを出し切れた選手、そうでなかった選手。笑った選手、泣いた選手。いろいろな選手がいると思います。2007年夏、決勝戦で破れた大阪桐蔭の中田選手はこう言いました・・・。
» No.26   体を動かす順番って…
肘に負荷がかかるのは、腕を伸ばした状態から引っ張りや急停止を行った時です。私は、しっかりと体を動かす順番を守れば怪我のリスクは格段に抑えることができると考えております。体を動かす順番って?
» No.27   コントロールが安定しない時のアドバイスとして…
投球時に「力」が入りすぎてしまい、コントロールが定まらなかったり、まわりが見れなかったりとこのような経験がありませんか?監督、コーチからは、『おまえは、8割の力で投げるように意識しなさい』と言われます。このようなアドバイスで選手たちは上達するでしょうか?コントロールが安定しない時の適切なアドバイス方法とは?
» No.28   腕を上げるための時間を作るって…
ピッチングのフォームで大切な体重移動。腕を上げてくる時間を作ってくれるのが、体重移動なのですが、体重移動をマスターする一つ前の段階として、投げ出すタイミングを覚えてください。投げ出すタイミングを完璧にマスターする方法とは?
» No.29   小さな成功体験の積み重ねって…
今の子供たちは積極性がなく、言われることを待ってからやる、教えてくれるのを待っている傾向が感じられます。非常にむずかしい問題で、同じ悩みを持たれている方は多いのではないでしょうか。私は全ての始まりは成功体験からだと思っています。どういうことかと言いますと・・・。
» No.30   投球術とは…
自分のピッチングというものをいかにするかということはとても大切なことです。しかしそれだけではエースピッチャーとはいえません。真のエースピッチャーになるために必要不可欠な条件とは?

桜井ノート
~野球を上達させる30のメッセージ~

桜井ノート写真

[電子書籍(PDF) 90ページ]
通常価格3,980円 ⇒ 無料プレゼント


さらに2つの特典もご用意しています。

メールマガジンのバックナンバーの加筆修正を行ない、さらに今回だけの特別特典をご用意いたしました。

努力を確実に上達に結びつけるための4つのトレーニング

特典1

メルマガのバックナンバーだけでなく、メルマガ未公開の体のバランスを整えながら体幹を強化するトレーニング方法を特典として収録させていただきました。

文章だけではなく、図解入りで解説していますので、非常にわかりやすくご理解いただけます。

メールマガジンでは一度もお伝えしていない今回限りの内容となっております。


お父さんのための野球日誌テンプレート

特典2

お子さんや選手たちの上達ぶりを把握できる野球日誌の雛形を特典として収録しましました。

コピーをしていただき、日々の野球日誌をつけながら練習をすることで、問題点や改善点が明確になることは間違いありません。

この雛型はあなたのメモ書きで、きっと真っ黒になるはずです。


追伸1

私がブログやメールで書くほとんどの内容は、私自身が選手時代に感じたことを書いております。

野球を引退することなり自分のやってきた野球というものを整理して記録しておきたいというのがもともとのブログやメールマガジン配信のきっかけでした。

ブログやメールマガジンは私の野球理論や経験で得た大切なことを書き記した大切なノートの役割をしてくれています。

時代は変わって練習方法は進化しても選手達が感じる思いというものはそう大きくは変わらないと思うのです。

私がブログやメールで書くこと全てが皆様や選手たちにあてはまるとは思いませんが、選手たちが監督やコーチに対して思っていることを、少しでも感じることができる「気づき」のきっかけになれば幸いです。

今後も私の持っている経験があなたや選手たちにとって少しでもお役に立てれば、ものすごく嬉しく思い、さらにみなさんとメールマガジンを通じて交流を持たせていただきながら新たな情報を発信していければと思っております。

追伸2

無料プレゼントは予告なく終了しますので、あらかじめご了承ください。

お父さんのための野球教室
桜井一

f01.jpg(53227 byte)

お父さんのための野球教室『桜井ノート 野球を上達させる30のメッセージ』を受け取るには、このフォームにあなたのお名前(苗字)とメールアドレスを入れてボタンを押してください。ご登録いただいたメールアドレスにお送りいたします。 と同時に読者数48,255人が読んでいる「お父さんのための野球教室」のメールマガジンにも登録されます。

お名前(苗字):
メールアドレス:

※数秒後、登録したメールアドレスに
「桜井ノート(PDFファイル)」をお送りします。

以下の内容に同意の上、お申込みください。